ネガティブな言葉がネガティブなことを引き寄せます!ネガティブを解消するために自分ができる方法について。

出来事からネガティブな感情が湧きあがってきて、自分の中でネガティブな言葉が頭の中に現れてきます。「無理なんじゃあないか!」「できないと思う」「やっぱり自分はだめだ。」「自信がない」そこで出てきた言葉はイメージとなり、ネガティブな思考を産みます。そしてそんなネガティブな思考が潜在意識の中に刷り込まれていきます。自身が生きてきた中で、そんなことを繰り返し、自分の中に持つ思い込みができています。すべては、出来事に対する自分の捉え方から生まれてきてしまうものです。本来は、その捉え方を変えて、生き方を変えていくことが必要です。

出来事に対する反応がネガティブの始まりです。

人は目の前の出来事に対して反応します。反応と言うのは、何らかの感情が湧きあがってきて、その感情に対して反応するということです。

「不安」「悲しみ」「イライラ」「怒り」などなど、ネガティブな感情に対して、即反応して、「出来ない」や「自信がない」などの思考に陥ってしまします。

それは、心のブロックとなり、同じような出来事に遭遇した時には、同じことを思い繰り返してしまいます。

まず感情に向き合うこと

感情に対してすぐに反応すすのではなく、その感情に向き合うことが大切です。

”自分はどう感じたのだろう?”、何故こんなふうに感じたのだろう?”と、一度立ち止まり感情に向き合うことで自分自身の意図と責任をもって問題に対処できるようになります。

受け止める

感情に向き合うといっても、それが出来れば問題ないのにと思う方もいらっしゃると思います。

そんなネガティブな感情にたいしてどうしていますか?

ネガティブな感情を否定したり、そんな感情になってはいけないと、感情に蓋をしてしまおうとしていませんか?

ネガティブな感情に蓋をしてしまった時、苦しくないですか? 辛くないですか? それは、自分自身を否定してしまっていて、本来の自分ではないので辛いのですね。

まずは、ネガティブな感情をしている自分を認めて、ネガティブな感情を感じているんだな!と受け止めてあげて下さい。

自分の感情を押し殺して、蓋をしないことからスタートです。

観念や思い込みに気づく

感情を引き起こしたのには、観念や思い込みがあります。

この観念や思い込みが、今の自分の思考をつくり、感情を引き起こしています。

たとえば、「私は十分ではない」や「わたしは言われる通りに行動しなければいけない」など、自身が生きてきた中での経験が積み重なり、色々な観念を持っています。

これら、観念や思い込みに気づき、そしてそれをどうするのかを自身で決めていく。それを繰り返すことで、自分自身が変わり、捉え方や生き方を変えることが出来ます。

※自分を変えたいと思っているあなたを全力でサポート

Pafaddyサポート(コーチング)

ネガティブ感情から抜け出す方法(まとめ)

出来事に対してネガティブになってしまい行動できなかったり、落ち込んだりしてしまうことを解消するには、自分が持っている観念や思い込みを変える必要があることについては述べさせていただきました。

但し、観念や思い込みを変えるためには、長期にわたるトレーニングを行い、思考を習慣化する必要が有ります。

 具体的なサポートについては下記を参照してください。 

   物事をポジティブに捉えるメンタルを手に入れませんか | オンラインのコーチングならPafaddy-Carith

   ネガティブ思考の改善をサポート・支援します。 | オンラインのコーチングならPafaddy-Carith

そこで、継続性や思考の定着までは望めませんが、簡易的にネガティブ感情から抜け出す方法を紹介します。

ネガティブな言葉が自分の中で浮かんだ時に、ポジティブな言葉に置き換えてみるとネガティブな感情から抜け出すことが出来ます。ただ、いちいち言葉を置きかえるのも大変です。こんな感情のときは、「どういう言葉を使えばいいのだろうか」といちいち考えなくてはいけません。

だから「よくやっている!」「できるかも!」と、事前にポジティブにスイッチを入れる言葉を選んでおいて、自分で発してみるようにしておくと置き換えやすいですね。

※ご質問・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

コメントを残す