初めての中間テスト

初めての中間試験。

状況や勉強することについての
考えを聴くことはしましたが、
様子を黙って見ていました。

試験に入る直前に、
上級生チームへ招集されていました。
自分が目標の一つにしていたことで、
とても喜んでいました。

中間試験で欠点と取ると、
上級生チームに参加できない。
と監督に伝えられて顔を青くしていました。

そんな状況で迎える試験の2日目。
不得意な教科が試験科目です。
とても不安そうでした。

そんなに不安なら、
もっときちんと時間を掛けて
勉強すれば良いのに?
と思いました。
強制は一切しないですけど。

2日目を終えて帰宅しました。
感想を聞くと、
「やばいかも知れない!」
と涙目です。

結果が思うようで無くても、
それは自分が行動した事の結果。
その結果から
次の行動を考えれば良いと伝えます。

3日目の最終日に向かいます。
表情が比較的明るく感じました。

そうすると、
「明日は○○と○○で、得意やから簡単。
全然わかるから大丈夫!」
と笑っています。

そして、
機嫌良く、計画的に勉強していました。

最終日の帰宅後、
結果の感想を聞くと、
「○〇点以上はあるんと違う?」
と余裕の表情。

2日目と3日目で、
がらっと雰囲気と行動が変わりました。

違いは、
得意か苦手か? 好きか嫌いか?
意識の違いで行動も能力も
変わって来ます。

好きな事は能力が上がるし、
能力が上がったものは好きになる。

それらを作り出すのは、
全て過去の経験。