慣れて飽きる

人の対応力というのか?
適応力というのか?
人は様々な体験に対して慣れますね。

興味のあることや、
楽しいことに対してさえ、
飽きてしまうことがあります。

これも、一つの慣れなのでしょう。

子どもがゲームばかりしていても、
ある程度やり尽くすと、
それほど手に取らなくなる姿を思い起こします。

お笑いのネタやギャグも
「これは面白い」と思っていても、
何度も何度も見たり聞いたりしていると、
慣れてしまって、飽きてしまいます。

これは、不安や怖いという感情に対しても同じですね。

不安や怖いという感情を生む一つに失敗があります。
「失敗したらどうしよう」
「うまくいかなかったらどうしよう」
不安で不安で仕方ない。

だから、何もできない、始められない。

でも、

失敗って、特別なことでしょうか?
失敗って、特別な事では無く、
日々の生活の中で沢山あります。
そして、誰もが失敗をしています。

ここで、話を戻して、
人はどんな体験にも慣れてしまいます。

だから、

『失敗にも慣れてしまう。』

小さな失敗をどんどん受け入れて、認めて、
慣れてしまう。

失敗に大小があるかというと、
それは個人がどのように感じるか?
個人の感情や価値観によるものです。

失敗になれることができれば、

いざ自分が本当に目指したい、
手に入れたい事に向かう時に、
失敗に対する不安感を下げることができるでしょう。

そうして成功功しても失敗しても、
経験した分だけ、人は成長できます。